都会 多い リノール酸低減式花粉症対策 伊藤龍一

花粉症は都会が多いのはなぜ?

花粉症は都会の方が患者さんが多く、症状が悪化しやすいと聞くことがありますね。
空中に飛散している花粉の量で考えれば、都会よりも花粉を飛ばす植物に囲まれている地方の山村のほうがずっと多いですが、人口に比べて花粉症の患者数を調べると都会のほうが明らかに多いようです。

都会が多い

 

では、大気汚染が花粉症に影響を与えているからなのでしょうか?
都会は田舎などに比べて、自動車の排気ガスをはじめとした環境汚染の悪化が拍車をかけているということも考えれます。

 

 

窒素酸化物亜硫酸ガスなどの汚れた空気を吸い込むと、鼻の粘膜は傷つきます。そこへ花粉が付着すると、アレルギー症状を引き起こしやすい」という報告もあります。

 

 

ですが、それだけでは花粉症患者の増加を説明できないという一面があります。
また、都会地の特徴として、道路が舗装されているために地表に落下してきた花粉が地面に吸い込まれず、風に吹き上げられていつまでも空中に舞い続けること。
「関連記事→花粉症 - 宮内まこと記念クリニック 三島市 内科 循環器科

 

 

更に高層住宅などコンクリートで密閉度が高い住環境も、アレルギー性の病気の原因となるダニを繁殖させやすくし、花粉症の引き金になるとも考えれています。

 

 

このようないくつかの事実を考え合わせると、近年の花粉症患者の増加は、単に空中に飛散している花粉の量や、環境汚染の進行具合だけでは説明が出来ないことが分かりますね。

 

 

現代の生活様式全般に、アレルギーの原因となるものがあるのではないかと考えざるをえないのではないでしょうか。

 

≫リノール酸低減式花粉症対策の詳細を見てみる